【歳時記】寒露(かんろ)の節気 ―二十四節気でみる季節感

おはようございます.ぐ~ままです.

今日(2021年10月8日)は,「寒露(かんろ)の節気」です.

季節感が薄れてきている今こそ,二十四節気の季節感を見直したいと思い,節気をまとめています.

寒露の節気

「二十四節気」の17番目の節気になります.

太陽黄経は195度.

「秋分」の次の節気となり,夕暮れの早さを実感する頃でしょう.

寒露とは,野草に宿る冷たい露のことです.

本来なら,朝露が一段と冷たく感じられ,深まりゆく秋を堪能するころです.

(2021年は,異常な残暑でまだまだ秋の訪れを実感できることが少ないですが)

寒露の歳時記

このころになると,扇風機などの夏の家具を片付け始めます.

また,マツタケやリンゴといった秋の味覚も旬を迎えます.

空気も済み,「空高く馬肥ゆる秋」とは,まさに今のこと.

朝晩も冷え込むようになりますので,そろそろ冬物の準備を始めましょう.

(ぐ~まま)

Twitterでフォローしよう