本ページはプロモーションが含まれています

ネットの情報を本当に信じていますか?Kindle Unlimitedでビジネス週刊誌を定点観測すべし!?

とんとんです.

なんでもかんでも価格が上がっていますよね.赤信号みんなで渡れば怖くないって,感じでしょうか?古いですね.

氷河期世代のとんとんなので許してください.

週間のビジネス週刊誌,習慣になっていますよね!!

オヤジギャク??

とんとんも,通勤途中や出張先で,ビジネス週刊誌をよく買います.ネットでも情報収集できますが,欲しい情報をプロの編集者がまとめてくれているビジネス週刊誌は,やめられません.ネットをさまよって,出どころの分からないデーターに振り回されるくらいなら,お値段以上のお買い得です.

このビジネス週刊誌を更にお買い得で読めるのを見つけました.Amazon Kindle Unlimitedで,1か月無料,もしくは2か月99円!!

大きめタブレットでビジネス週刊誌を読む

Kindle Unlimitedでビジネス週刊誌を読むのは,スマートホンでもOKですが,やっぱり画面が小さいので,少し大きめのタブレットがおすすめです.

おすすめはこの4つ.

・Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB)
・Galaxy Tab S8 Ultra タブレット,256GB,14.6インチ
・Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genタブレット (11.2インチ 128GB Wi-Fiモデル)
・Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB

Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB)

アップル信者は間違いなくipadですね.高いですが,素晴らしく,綺麗です.アンドロイドユーザーは予算に合わせて選んでください.予算的にも,使い方などを考えると,少し小さいですが,Fire HD 10 タブレットが一番のおすすめです.おうちでゆっくり読むのが多いと思いますので,重さよりも,画面の大きいものを選ぶことをおすすめします.プロのエンジニアのとんとんとしての意見です.参考になれば幸いです.

Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB) 良い点

  • パフォーマンスの向上: Appleが自社開発したM2チップを搭載しており、高性能なプロセッサーとグラフィックスを備えています。これにより、高速な処理や複雑なタスクをスムーズに実行することができます。
  • 画面の質: 12.9インチのLiquid Retina XDRディスプレイは、高い輝度とコントラスト比を備えており、美麗な画質を提供します。特に、HDRコンテンツの視聴や写真・ビデオの編集など、色や明暗の再現性が重要な作業に向いています。
  • 多機能のUSB-Cポート: iPad Proは、USB-Cポートを搭載しており、多くの周辺機器やアクセサリーとの接続が可能です。これにより、外部ディスプレイの接続、高速データ転送、充電、さらには他のデバイスとの接続など、幅広い用途で利用することができます。
  • Apple Pencilのサポート: Apple Pencilは、iPad Proとの組み合わせで高度なデジタルペン体験を提供します。筆圧や傾きの検出により、自然な筆跡を再現し、精密な描画や書き込みが可能です。また、Apple PencilはマグネットでiPad Proに固定され、充電もできるので便利です。
  • iOSエコシステム: iPad Proは、iOSの生態系に統合されており、iCloudをはじめとするAppleのサービスやアプリケーションにシームレスに接続することができます。これにより、MacやiPhoneなどのAppleデバイスとの連携がスムーズに行えるため、効率的な作業が可能です。

Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB) 悪い点

  • 高価格: Apple製品としては高価格帯に位置するiPad Proは、他のタブレットと比較して高価です。特に、最新のM2チップを搭載したモデルは、価格が高いため、予算の制約がある場合には検討が必要です。
  • ソフトウェアの限定性: iPad ProはiOSを搭載しており、Macのようなデスクトップクラスのソフトウェアを完全にはサポートしていません。一部のプロ向けアプリケーションや機能が制限されているため、特定の用途においては、PCやMacを使用する方が適している場合もあります。
  • 重さと持ち運びの不便さ: 12.9インチのiPad Proは、大型のディスプレイを持つため、重さがあり、持ち運びが不便な場合があります。特に、長時間の持ち運びや片手での操作を必要とする場合には、疲労を感じる可能性があります。
  • ストレージ容量の制限: iPad Proは最大2TBのストレージ容量を選択できますが、高価なストレージオプションを選ぶと価格が高くなります。また、内部ストレージの拡張性が限定的であり、外部ストレージの利用も制限されているため、大量のデータを扱う場合には注意が必要です。

Galaxy Tab S8 Ultra タブレット,256GB,14.6インチ

created by Rinker
サムスン(Samsung)
¥158,190 (2024/05/21 03:15:12時点 Amazon調べ-詳細)

Galaxy Tab S8 Ultra タブレット,256GB,14.6インチ 良い点

  • 大画面ディスプレイ: Galaxy Tab S8 Ultraは14.6インチの大画面ディスプレイを搭載しており、高解像度で鮮明な画質を楽しむことができます。特に、マルチタスクやマルチメディアの利用に向いています。
  • 大容量ストレージ: 256GBの内部ストレージを搭載しており、大量のデータを保存し、高速なデータアクセスを実現することができます。また、外部ストレージを利用することで、更にストレージ容量を拡張することも可能です。
  • 高性能プロセッサ: Galaxy Tab S8 Ultraは高性能のプロセッサを搭載しており、快速な動作や複雑なタスクの実行にも対応しています。プロのエンジニア向けのアプリケーションや作業にも高いパフォーマンスを発揮します。
  • Sペンのサポート: Galaxy Tab S8 UltraはSペンという高性能なスタイラスペンをサポートしており、高精度なデジタルペン入力が可能です。設計やイラスト、メモの取り込みなど、プロのエンジニアにとって便利な機能を提供しています。

Galaxy Tab S8 Ultra タブレット,256GB,14.6インチ 悪い点

  • 価格の高さ: Galaxy Tab S8 Ultraは高性能なハードウェアを搭載しているため、価格が高めです。予算に制約のある場合には、選択肢が限られるかもしれません。
  • 大型サイズの持ち運びの不便さ: Galaxy Tab S8 Ultraは14.6インチの大型サイズであり、持ち運びには不便さがあります。特に、一日中の持ち運びや片手での操作を必要とする場合には、疲労を感じる可能性があります。
  • Android OSの制限性: Galaxy Tab S8 UltraはAndroid OSを搭載していますが、一部のプロのエンジニア向けのアプリケーションやツールがiOSに比べて制限される場合があります。特定のアプリケーションや開発環境を利用したい場合には、iOSデバイスの方が適しているかもしれません。
  • 長時間の連続使用による発熱: Galaxy Tab S8 Ultraは高性能のハードウェアを搭載していますが、長時間の連続使用により発熱する可能性があります。特に高負荷のタスクを行う場合には、注意が必要です。
  • サードパーティ製アクセサリーの制限: Galaxy Tab S8 Ultraは他のタブレットと比べて、サードパーティ製アクセサリーの選択肢が限られる場合があります。特定のアクセサリーを利用したい場合には、互換性の確認が必要です。

Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genタブレット (11.2インチ 128GB)

created by Rinker
Lenovo
¥59,800 (2024/05/21 03:15:13時点 Amazon調べ-詳細)

Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genタブレット (11.2インチ 128GB) 良い点

  • 高性能のハードウェア: Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genは、MediaTek Kompanio 1300T プロセッサー 8コア プロセッサを搭載しており、高性能な処理能力を持っています。これにより、プロのエンジニア向けのアプリケーションやツールをスムーズに実行することができます。
  • 高解像度のディスプレイ: 11.2インチのOLEDディスプレイは、2560 x 1600ピクセルの高解像度を持ち、鮮明で美しい表示を提供します。エンジニア向けの設計図や技術的なコンテンツを詳細に表示するのに適しています。

Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genタブレット (11.2インチ 128GB) 悪い点

  • 価格: Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genは、高性能ハードウェアや高解像度ディスプレイを搭載しているため、比較的高価な価格帯に位置しています。予算に制約のあるエンジニアにとっては、購入が難しいかもしれません。
  • ソフトウェアの最新性: ハードウェアは高性能であるものの、OSのアップデートが頻繁に行われるAndroidベースのタブレットのため、ソフトウェアの最新性が保たれるかどうかについては保証されていません。新しいセキュリティパッチや機能のアップデートが遅れる可能性があり、セキュリティリスクや機能の制限があるかもしれません。
  • タブレット専用アプリの制限: タブレット向けに最適化された専用のアプリが限られている場合があります。特定のエンジニアリングアプリケーションやツールが利用できない、または十分に最適化されていない可能性があります。
  • 重さと持ち運びの不便さ: Lenovo Tab P11 Pro 2nd Genは、11.2インチのディスプレイを持ち、比較的大きなサイズと重さを持っています。持ち運びや持ち運び中の利用には不便さがあり、場所を取る可能性があります。
  • 生産性向上の限定性: タブレットは一般的に消費コンテンツの閲覧や娯楽に適していますが、生産性向上には限定的かもしれません。デスクトップPCやワークステーションに比べて、大規模なエンジニアリングプロジェクトを効率的に管理したり、複雑なタスクを実行するのには制限があるかもしれません。

Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB

Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB 良い点

  • 低価格: Fire HD 10 タブレットは、比較的低価格なため、予算に制約のあるプロのエンジニアにとって手頃な選択肢となります。
  • メディアコンテンツの利用に最適化: Amazonのエコシステムに統合されており、PrimeビデオやKindleなどのAmazonのメディアサービスを利用するのに最適化されています。エンジニアリング以外の娯楽や情報収集に活用できます。
  • 長時間のバッテリー駆動時間: Fire HD 10 タブレットは、長時間のバッテリー駆動時間を持ちます。長時間の作業を行う必要があるプロのエンジニアにとって便利です。
  • Alexa搭載: Fire HD 10 タブレットは、Amazonの音声アシスタントであるAlexaを搭載しています。声での操作や情報の取得が可能であり、作業効率を向上させることができます。
  • 持ち運びの便利さ: Fire HD 10 タブレットは、10インチのサイズで比較的軽量なため、持ち運びが便利です。外出先や移動中にも利用しやすいです。

Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB 悪い点

  • ソフトウェアの制限: Fire HD 10 タブレットは、Amazonの独自のオペレーティングシステムであるFire OSを搭載しており、一般的なAndroidタブレットとは異なるインターフェースやアプリストアを利用します。そのため、一部のAndroidアプリが利用できない場合があり、ソフトウェアの制限があります。
  • パフォーマンスの制限: Fire HD 10 タブレットは、低価格帯のタブレットであるため、ハイエンドの性能を期待することはできません。複雑なエンジニアリングアプリケーションやタスクを実行する際に、性能の制限があるかもしれません。
  • ストレージの制限: Fire HD 10 タブレットには、32GBの内部ストレージが搭載されていますが、これは比較的少ない容量です。プロのエンジニアが大量のデータやファイルを扱う場合には、ストレージの制限が厳しいかもしれません。
  • カメラの性能の制限: Fire HD 10 タブレットのカメラ性能は、一般的なスマートフォンやタブレットに比べて劣る可能性があります。高品質の画像やビデオを撮影する必要がある場合には、性能の制限があるかもしれません。
  • Google Playストアへのアクセスの制限: Fire HD 10 タブレットには、Google Playストアへのアクセスが制限されています。Google Playストアには、多くの人気アプリやサービスがあるため、これらにアクセスしたい場合には、制限があるかもしれません。

Kindle Unlimitedでビジネス週刊誌を読む

Kindle Unlimitedは,1か月間の体験期間は無料.もしくは,人によっては,2か月で99円というキャンペーンが適用されることもあるようです.とんとんは,両方選べたんですが,迷わず2か月99円で申し込みました.

以前にやっていた人でも,2か月99円キャンペーンで再開できる人はいるようです.(ぐ~ままがそうです)キャンペーンの対象者であれば,Kindle Unlimitedの画面に案内が表示されています.まずは,確認されてはいかがでしょうか?

なお,キャンペーンについての詳細は,以下の記事をご参照ください.

ちなみに,無料期間や99円期間が終わった後は,1か月980円です.

980円は払いたくない,っていう人は解約手続きを先にしておいてください.申し込み後すぐに解約手続きをしても,期間終了までは読み続けることができます.

Kindle Unlimitedで読めるビジネス週刊誌

本当にお得です.こんなビジネス週刊誌が,1か月無料もしくは,2か月99円.その期限が終わっても1か月980円です.

別々に買うと,軽く3000円を超えます.正規料金の1か月980円でも十分元は取れると思います.

まとめ

こんな不景気なご時世ですが,ビジネスは疎かにできませんね.とってもお得かと思いますので,ご検討いただければ幸いです.ビジネス週刊誌を読むのにおすすめなタブレットもおすすめしました.プロのエンジニアに向けてのものを選びましたが,ビジネス週刊誌には必要ないかもしれませんね.どうせなら仕事にも使えるものをとも思います.その中でも,iPad Proが一番のおすすめです.何よりも美しいです.画面も程よく大きく,老眼のとんとんにはとっても快適です.雑誌などは画面が大きいことが大事かと思いますのでご参考まで,,,