出典:公式サイト



おはようございます.ぐ~ままです.

ぐ~ままはUSJ初心者.ついでに,ニンテンドースイッチさえ持っていない,「マリオの初心者」でもあります.当然,マリオカートもやったことありません

そんなぐ~ままが,「スーパー・ニンテンドーワールド」 に行って,せっかくだからとマリオカートに乗ったのですが,正直な感想は,「わけわからんかった」の一言.

なので,これから行かれる初心者の方が少しでもそんな思いをしなくて済むように,行く前に知っておきたかった基本的な攻略術を2つ,ご紹介します.

高得点を取るための攻略術は以下をご参照ください.

マリオカートでの失敗

ぐ~ままは,USJのみならず,「マリオの初心者」でもあります.小学生くらいのころ,スーパーマリオブラザーズはやったことあるので,マリオの世界観がリアルに実現されている 「スーパー・ニンテンドーワールド」そのものにはテンションが上がりました.でも,スーパーマリオブラザーズをやったのも,ン十年前で,しかもマリオカートはやったことがない,となると,USJのマリオカートも何をどうしていいかわからないまま終わってしまったのです.

これなら,わざわざ混雑しているマリオカートに乗らなくてもよかったのでは?とさえ思ったほど.ですが,やっぱりアトラクションそのものとしては,楽しい.コース上には,ARやプロジェクションマッピングによってキャラクターたちが映し出され,まるで一緒に走っているかのようです.純粋に体験型ゲームとしては,楽しめました.

ではなぜ,「わけわからんかった」のか.それは準備不足.調査不足.一番の失敗は,操作方法がわかっていなかったこと

なので,ここでは,初心者がそんな失敗をしなくて済むように,マリオカートを楽しむために知っておくべき攻略術を3つ,ご紹介します.

同じカートに乗って真剣勝負!
出典:公式サイト

マリオカート攻略術その1 説明の映像はしっかり見る

マリオカートに乗るためには,長ーい待ち列に並びます.あともう少しかなと期待が膨らんでくるころ,ヘッドセットが手渡され,いっきにテンションがあがります.そして,そのあと人数を区切って小部屋に通されるのですが,この部屋が実は非常に重要です.

部屋にはいくつかのモニターがあり,説明の映像が上映されます.この映像は始めの方が一般的な注意事項であることと,音声がないためついつい友達とおしゃべりしたり,前の扉が早く開かないかと気になって,気もそぞろになりがち.

ですが,この映像こそ,マリオカートのルールや操作方法についての説明なのです. ここははやる気持ちを抑え,説明の映像をしっかり見ておいてください.

ぐ~ままはここで第1の失敗を犯しました.もうすぐ乗れるという高揚感と,どうせまた実物を見ながら説明があるだろう,ぐらいに思って,ろくに映像を見ていなかったのです.ですが,この先に,説明はありません

なので,この説明映像を見逃さないようにしてください.なお,公式サイトのページで,説明のVTRの簡略版で予習をすることができます.

説明VTRの予習は,コチラから

マリオカート攻略術その2 ARゴーグルは確実に装着する

マリオカートでは,ARゴーグルのおかげで視線とこうらを投げる方向が連動するなど,本当にレースをしている感覚を味わうことができます.つまり,逆に言うとARゴーグルがきちんと装着できていないと,マリオカートのだいご味を味わうことができない,ということです.

ARゴーグルはライドに用意されていますが,ヘッドセットは列に並んでいるときに配られます.このヘッドセットにゴーグルを取り付けるので,まずはヘッドセットをしっかりつけましょう.ぐらぐらしないように,後ろの調整器具をしっかりしめてください.グラグラしていると,視線が定まらず狙い通りにこうらを投げることができなくなります.

ライドに乗ったら,ARゴーグルをヘッドセットに取り付けます.ゴーグルは安全装置ではないため,スタッフが装着できているかの確認をしてくれません.少しでも不安があればスタッフに聞くのもいいでしょう.また,お子様と同乗の場合は,お子様の分もしっかり確認してあげてください.

ARゴーグルは,マリオカートを楽しむための生命線です.確実に装着するようにしましょう.

パワーアップバンドをタッチするのも忘れずに

パワーアップバンドを持っている人は,せっかくなので,レースの記録をのこしたいですよね.ライドに乗ったらハンドル中央の「Mマーク」にスタート前にタッチするのを忘れないようにしましょう.

これについては,スタッフの人から何の説明もないので,自分で覚えておくしかありません

マリオカートは説明が少ない

マリオカートは,ホンモノのマリオカートのハンドルを握り,まさにゲームの世界をリアルに体験できるアトラクション.ですが一方で,複雑なゲーム的要素があるにもかかわらず,操作方法やルールなどの説明が非常に少ないアトラクションでもあります.あとで説明があるのだろうと思っていたら,大間違い.「えっ,えっ,どうやるの???」って思っている間にスタートして,終わってしまいます.なので,説明を聞けるときにしっかり聞いておくのがポイントです.

公式サイトには,上記で説明した映像のほかに,以下の説明書も掲載されています.

「レースの準備編」
「ドライバーの基礎知識編」

これらを読んで,ぜひイメージトレーニングしておいてください.せっかくなので,「わけがわからんうちに終わっちゃった」ということのないように準備してくださいね.

また,初心者には,ガイドブックもおススメ. 特に「裏技」系のガイドブックには,ポイントやコツが書かれているので,いいですよ.

(ぐ~まま)

↓↓格安の宿泊プランを探すなら↓↓

Twitterでフォローしよう