【理系就職】内定が出なくて焦っている人へ ―面接官の気持ちわかりますか?

こんばんは.とんとんです.

就職試験の面接,緊張しますよね.自己PRを考えて,覚えて,志望動機を見直して,それでも,不安は拭えませんよね.

何が聞かれるんだろう,どんなふうに突っ込まれるんだろう,面接のその瞬間まで,緊張しますよね.

そんなとき,こんな風に考えてみてください.

自分が,面接官だったら,,,

こう考えると少し楽になります.自分が面接官になったつもりで,準備してみましょう.

面接官だったら・・と考える

これから面接を受けに行く人,何度も受けたけどまだ内定が出ずに焦っている人.面接に当たって不安で仕方がない人へのアドバイスです.

自分が,面接官だったら,,,と考えてみてください.

これから,一緒に仕事をしていこうとする人に,あなたなら何を聞きますか?どんな準備ができる人と一緒に働きたいと思いますか?そう考えれば,想定質問も考えられますね.

大体の面接官は,学生を応援しています.圧迫面接で意地悪な質問をする面接官の話も聞きますが,どう切り抜けるかを見るためであって,意地悪してやろうと思っているわけではありません(たぶん).

面接にたどり着いているということは,その会社の誰かが,あなたに入社してほしいと考えているはずです.

なので,自信を持ってください.

面接官も緊張している

面接を受ける前は,緊張するもの.でも,面接官も実は緊張している,と聞いたら,少し気がラクになりませんか?

これは,大企業で働いているとんとんの友人からきいた話です.

ある程度,経験を積んだ社員になると,人事部でなくても,新卒向けの採用面接に駆り出されることがあるそうです.

そして,面接の準備には結構な時間を割いて,聞いてはいけないこと,聞かないといけないことなど,いろいろと教え込まれるんだそうです.採点基準も細かく決まっていて,面接も神経を擦り減らすと言っていました.

つまり何が言いたいかというと,面接官も「想定外の質問されたらどうしよう.」「想定外の返答が返ってきて,うまく切り返せなかったらどうしよう.」なんて,どきどきしている,ということです.

つまり,必要以上にビビる必要はない,ということがお伝えしたいことです.

皆さんの,ご健闘を祈ります.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう