【実験レポート】評価されるレポートを書くための,3つのススメ

おはようございます,とんとんです.

大学はどうですか?
オンライン授業だけじゃなく,実験の授業は受けれてますか?

会社員の方はどうですか?

会社では,そろそろ,レポートにまとめてくれない??
なんて言われてませんか?

大学でも,中間レポートみたいな課題が,そろそろ出る頃かと思います.

レポートは大事,と以前に書きました.

少しでも,よいレポートが書けるようになりたいと
思った人へ向けて,3つのポイントを書いてみました.

レポートの書き方のポイント
  1. 見やすさ
  2. 数字
  3. オリジナリティ

1 見やすさ

見やすさ,つまりは,ぱっと見です.

中身で勝負じゃないの?
と思うかもしれません.

もちろん,中身は大事です.

でも,まず,読んでもらうための基本として
見やすさは大事です.

読みたいくない,と思われたら,評価はそれまでです.

なので,見やすさを意識して書いてみてください.

見やすくするために

・図や絵,イラスト,グラフを入れる

・文字は大き目に
(小さい文字は,年よりは見えません.とんとんも最近は厳しいです.)

・フォントはふさわしいものを使用
会社では,漫画調のポップなものは避ける

・詰め込まず,適度に空白を入れる

迷ったら,先輩のものを参考にするといいです.

2 数字

数字とは,要するに客観的な評価です.

「売り上げが爆上げしました」
なんて書かれても,あくまで書き手の主観です.

具体的な数字を使いましょう.

例えば,「売り上げが20%上がりました」と書いた方がよいかと思います.

実は,できているようで,できていないことが多いものです.

特に悪い場合の評価は書きにくいものです.
気持ちはよくわかります.
ただ,ぼかして書こうとすると,余計に目立ちます.

具体的な数字を入れて,客観的に評価してください.

3 オリジナリティ

これは,さっきと真逆で,主観的な意見です.

「で,君はどう思う?」って聞かれたときに,
どう答えるかです.

これは,書き手の主観,つまりオリジナリティが求められます.

ただし,主観なので,直観でもよいですが,
ここでも数字があると説得力が増すかと思います.

顧客を訪問するのは1日の10件が限度ですが,
ズームを使えば1日に30件打合せできます

という感じでしょうか?

まとめ

レポートを書く技術は,学生にも,社会人になってからも,
からなず求められるものです.

ちょくちょく,レポートについての記事を挙げていきたいと思っています.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう