【ゆるーく方位学】方位学で攻める2021年12月の運勢

おはようございます.ぐ~ままです.12月に入りました.街は,クリスマスムード一色に染まってきました.何となく心浮き立つ季節です.

今日は,方位学でみる2021年12月の運勢です.方位学の「12月」は,12月7日(火)の大雪の節気から,来年1月4日(火)までとなります.

人が動くとき,動いた方位の影響を受けます.それが,九星方位気学の吉方位,凶方位です.12月の運勢を知って,行きたい場所が凶方位に当たる場合は,いつもより少し気をつけてることで健やかに過ごせるといいですね.

ゆるーく攻める運勢

「ゆるーく」攻めるというのは,何もしないわけではなく,少し自分から動くという思いからです.

九星方位気学も本格的にやろうとすると,気にするべき方位がたくさんありすぎて,「もういいわ」という気になってしまいます.

なので,日常生活においては,凶方位は月盤の五黄殺と暗剣殺のみ意識する,ことにしています.過度に気にしすぎない,ということが続けていくためのコツだと思います.これが,ぐ~ままの「ゆるーく」攻めるという考え方です.

また,わかりやすさを一番に考えて,ここでは,方位盤は北を上にして作成しています.これも,「ゆるーく」攻める秘訣ですね.

2021年12月の運勢

期間:2021年12月7日(火)~2022年1月4日(火)

中宮:四緑木星

五黄殺・暗剣殺:北西,南東

大雪の節気(12月7日)から,小寒の節気(2022年1月5日)の前日までの1か月間の運勢です.

月盤の五黄殺・暗剣殺は, 北西,南東 です.

今月は,年盤と月盤の五黄殺・暗剣殺の方位が同会(同じ方位)するので,凶作用がいつも以上に現れやすくなります学校や会社,出張先など,北西,南東への移動の際は,気をつけるようにしてください.

ムリに横断歩道を渡らない,
階段を駆け下りない,
大事な資料,書類は,いつもより慎重に見直しを行う,
少し早い目に家や会社を出て,余裕を持った行動を心掛ける.など.

小さなことでいいので,ほんの少しだけ意識してみてください.悪いことが起きるのではなく,悪い影響を受けやすいのが,凶方位です.悪い影響が最小限で済むように,備えあれば憂いなし,ですね.

本命星ごとの12月の月盤

各本命星ごとの12月の月盤です.

赤色マスの方位は,月盤の五黄殺・暗剣殺.

つまり,今月は 北西,南東 .(※年盤と同会)
北西,南東 に移動するときだけは,いつも以上に,注意深く行動するようにしましょう.
この凶方位は,どの本命星の人にとっても,共通です.

黄色のマスの方位は,五黄殺・暗剣殺以外の凶方位.

本命殺,本命的殺,月破の方位です.
中凶ぐらいと考えてください.
引っ越しや,海外旅行,長期旅行の時に,少し意識してもらえればと思います.
日常生活では,あまり考えなくていいでしょう.

赤文字のマスの方位は,年盤の凶方位.

こちらも,引っ越しや,長期旅行は避けるようにしましょう.

青色マスの方位は,吉方位.

無理に移動する必要はありません.
ですが,何かの折にうまくこの方位を活用できると,いい効果がもたらされるはずです.

赤色マスも,黄色マスも,赤文字も全部凶方位であることには変わりありませんが,こんなに意識していたのでは,疲れてしまいます.どこにも行けなくなります.なので,赤色マスの方位に移動するときだけを意識してみてください.

吉方位と凶方位については,以下のページをご参照ください.

皆様に,いい運勢が開けますように.

(ぐ~まま)

Twitterでフォローしよう