【寝ホン】Anker製の寝ホン ―睡眠モニタリングと連動した自動オフ機能がついに搭載―

画像出典:Amazon

とんとんです.ついに,ついに出ました.

モバイルバッテリーで大変お世話になっているAnkerから寝ホンが発売されました.

寝ホン探しは,とんとんのライフワークです.ぐーままにバレないように,コソッとポチっては,試しております.そして,Ankerは,モバイルバッテリー以外にも値段以上の高品質な電気製品を多数出していて,エンジニアの視点からみてもおススメできるメーカーです.

その,Ankerからついに寝ホンが発売されました.寝ホン通のとんとんからすれば,要チェック.

ってことで,早速ポチっとやりましたので,ご紹介していきます.

Anker製 の寝ホン(Soundcore Sleep A10)

created by Rinker
Soundcore
¥12,990 (2022/11/29 10:48:19時点 Amazon調べ-詳細)

完全ワイヤレスイヤホンです.首に絡まるケーブルはありません.

ワイヤレスイヤホンは電池が弱くなると使えなくなります.ワイヤレスイヤホンにおいて電池は大きな要素です.電池専門の会社であるAnkerなので,その点は安心ですね.

再生時間もイヤホン単体で最大6時間もありますので,十分です.

とてもとても小さいです.そして,3グラムにも満たないくらい軽いです.まったく耳が痛くならないです.

寝ホンだけじゃなく,普通の完全ワイヤレスイヤホンとしても使えるので,スマートフォンから好きな音楽や音声を聞くことができます.

マイクは着いていないので,テレワークには使えませんね.もちろん,マイクがないので,アクティブノイズキャンセリングはついていません.

他の寝ホンでは,あまりついていない面白い機能もついてます.睡眠状態モニタリング自動オフです.

睡眠状態モニタリングは,入眠時間起床時間眠りの深さを記録してくれます.とんとんは今はスマートウォッチで睡眠状態を把握していますが,これがあればスマートウォッチはいらないかな?

自動オフの機能は,寝ホンにとっては必須と言えるもの.さすがはAnker.Anker製の寝ホンでは,スマートスイッチ機能とよばれています.その,スマートスイッチ機能を有効にすると,なんと入眠時に自動で睡眠モードに切り替わり,それまで再生していた音楽を停止してくれます.

とんとんは,ずっとこの自動オフの機能がほしいなと思っていました.いつもは,眠くなってきたとき,もしくはいったん寝落ちして目覚めたときに,自分で寝ホンをオフにしているので,結構めんどくさい.ほとんどの寝ホンには自動オフがなく,なんでないんだろうとずっと思っていたので,本当にうれしい.

しかも,何がうれしいって,睡眠モニタリングと連動して入眠したら自動で切れること.タイマーの自動オフだと,まだ入眠していないときにオフになるけど,それがない.これは,画期的だと思いますよ!

まとめ

電池の性能が重要になる完全ワイヤレス寝ホンが,電池に強いAnkerから発売されました.

小さく軽く耳が痛くならないのもいいですが,一番惹かれたのは自動オフ機能です.

お値段は一万円を超えていますか,寝ホンおススメの一番にします.間違いなくお値段以上です.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう