【オンライン英会話】どこがいいか迷ったときに見るページ(Cambly編)

おはようございます.ぐ~ままです.

3年以上,オンライン英会話を続けてきた経験から
いくつかのオンライン英会話を紹介させていただきます.

いざ,オンライン英会話を始めようっと思っても,
「たくさんありすぎて,どれがいいのかわからんっ!」
ってなっている人の参考になれば幸いです.

サンフランシスコ発のCambly

Camblyは,サンフランシスコ発のオンライン英会話で,
一番のポイントは,全員,ネイティブということです.

まずは,おススメポイントと,ネガティブポイントを列挙します.

Camblyのおススメポイント
  1. 15分・週1回の最小プランから,60分・週7回の最大プランまでプランが豊富
  2. 全員が,ネイティブスピーカー
  3. 講師とチャットでメッセージのやり取りができる
  4. キャンセル規定がない
    直前キャンセルや,無断欠席の場合も,システム上,レッスンを消化したことにはならない(※)
  5. 24時間いつでもレッスン可能
  6. レッスンの録画機能があり,あとから見返すことで,復習ができる
  7. レッスンは,15分単位のミニッツで管理され,
    好きな時に,好きなだけレッスンを受けられる
    講師との都合さえ合えば,予約時間より早い時間にレッスンを始めることも可能.
  8. 本社がサンフランシスコで日本人に特化しているわけではないため,講師が日本人スレしていない.

※あくまで2021年5月時点での仕様で,今後変更予定ありです.
また,Cambly側は,12時間前までのキャンセルを推奨しています.

Camblyのネガティブポイント
  1. 予約機能が分かりにくく,使いにくい
  2. ネイティブ講師のみなので,こだわりがない人にとっては,値段が高い
  3. 講師都合のキャンセルの場合,予約を取り直さないといけない
  4. 講師の入室まで待ちの時間がある
  5. サンフランシスコ発なので,システムの日本語がわかりにくいところがある

Camblyのおススメポイント

1 プランが豊富

週1回,3回,5回,7回と,フレキシブルにプランの選択が可能です.
また,1レッスンの時間も15分,30分,60分まで選べます.

1ヶ月の定額制ですが,これほどフレキシブルなプランは
他のオンライン英会話にはなかなか見られません.

下記に,金額の例をピックアップします.

1日の時間が長いほど,また,受講回数が多いほど,
単価は下がります.

また,契約期間は,1ヶ月,3ヶ月,12ヶ月から選択でき,
3ヶ月契約なら,1ヶ月分の金額が15%,
12ヶ月契約なら,35%割引になります.

2 全員が,ネイティブスピーカー

全員が,ネイティブスピーカーというのは,Camblyの特徴です.

アメリカ,イギリス,カナダ,オーストラリアなど,
英語圏のネイティブスピーカーが1万人以上が在籍しているそうです.

3 講師とチャットでメッセージのやり取りができる

レッスン中以外でも,講師とチャットのやり取りができます.

チャットには翻訳機能がついているので,自信がない人でも
安心ですね.

レッスンのお礼や,ちょっと聞いてみたいことがある場合など
便利です.

4 キャンセル規定がない

キャンセルの規定は,会社ごとに全然違うのですが,
Camblyの場合,システム上は,直前のキャンセルでも無断欠席でも
その分は消費したことにはなりません

つまり,何時間前でないとキャンセルできない,という規定が
システムの設定上はありません.

ただ,そのレッスンの時間,講師の予定を拘束することになるので,
道義的には問題ありですね.

なので,Cambly側からは12時間前までのキャンセルをお願いされています.

また,レッスン開始予定時間まで2時間を切って,キャンセルした場合は,
これからはやめてね,というようなメールが来ます.

なお,キャンセル規定については,今後見直し予定とのことですので,
あくまで2021年5月現在ということをご留意ください.

5 24時間いつでもレッスン可能

講師は,それぞれの国で在宅でオンラインレッスンを行うので,
24時間いつでもレッスンが受けれられます.

早朝や深夜など,ご自身の予定にあわせてレッスンが受けられるので,
忙し人にもありがたいですね.

6 レッスンの録画機能があり,あとから見返すことで,復習ができる

レッスンの様子は,自動で録画されています.

あとから見返すことができるので,復習に役立ちます.

自分の声を聴くのはイヤですが,録音を聞くことは
英語力向上に大きく役立つそうです.

7 レッスンは,15分単位のミニッツで管理され,
好きな時に,好きなだけレッスンを受けられる

自分の持ち時間内であれば,今は15分して,残りはあとからしようとか,
そういう柔軟な受け方もできます.

また,レッスンの始まりの時間も決まっていないので,
講師との都合さえ合えば,いつでも好きな時からレッスンが始められます.

8 本社がサンフランシスコで日本人に特化しているわけではないため,講師が日本人スレしていない

日本でやっている他の大手のオンライン英会話は,
日本の会社がやっていることが多く
生徒も日本人対象であることが多いです.

なので,講師も最初から「日本人」を相手しています.

たとえば,私の名前を「サン」付で呼んだり,
いきなり日本語で「コンニチワ」と言ってきたり.
たとえば天気のことなんかを話題にすると,
「さっき別の生徒から聞いた」と言われたり.

ですが,Camblyではそんなことがありません.

というのも,Camblyでは日本人は割合的には少なく,
多いのは中東の方の生徒さんだそうです.

なので,講師が「日本人スレ」しておらず,
本当の意味で外国人と話をしている,という感じがします.

まずは,無料トライアルを!

以上が,Camblyのおススめポイントのまとめになります.
教員の資格保持者も多く,講師の質が総じて高いと感じます.

ネイティブスピーカーとたくさん会話して,上達につなげましょう.

ぜひ,一度,無料トライアルを利用してください.

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

おトクな特別割引で始めてみる

無料トライアルは,残念ながら15分のみです.
15分は,正直言っていいか悪いか判断するには少し短いです.

おすすめポイントもネガティブポイントも,よくわからないと思います.

でももし,15分という短い時間でのファーストインプレッションが
悪くなかった人は,とりあえず 
1ヶ月だけ,申し込みをされてはいかがでしょうか?

入会金も必要ありませんし,いつでも申し込み,
いつでも解約が,できるので,お試しの軽い気持ちで始められます.

そして,とりあえず始めてみようかな,と思った方に
特別割引のお知らせです!

本サイトからの特別割引

通常料金より10%~42%オフでレッスンが受講できる
特別プロモーションコードをお知らせします。

特別プロモーションコード:newstart10

Camblyにログイン

「サブスクリプション購入に進む」をクリック

「プロモコード」に「newstart10」を入力

ぜひ,お役立てください.

Camblyのネガティブポイント

次に,ネガティブポイントです.

1 予約機能が分かりにくく,使いにくい

Camblyの最大のネガティブポイントが,予約機能だと思っています.
正直言って,使いにくい!の一言です.

まず,先の予約を取るとき,だいたいの場合,
都合のいい時間帯で空いている人を探すと思います.

午前中で誰かいい人いないかな?という感じで.

でも,Camblyの予約システムでは,時間帯検索ができないのです.

「●月●日 ●時」というように完全に時間指定でしか
検索することができません.

お気に入りに人がいれば,その人のスケジュールは,
カレンダーでチェックできるので,
早くお気に入りの人を見つけられればいいですね.


2 ネイティブ講師のみなので,こだわりがない人にとっては,値段が高い

Camblyの値段については,上述しました.

ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンということを考えれば,
お値段は高いとは思いません.

ただ,英会話を始めたばかりでネイティブ講師であることにこだわりがない
というような人にとっては,割高と感じられると思います.

例えば,毎日30分のコース(週7回)の場合,1日あたりの値段は約1000円です.

毎日25分で,ネイティブではない講師を選択できる他のオンライン英会話では
1日あたり200円~500円です.

ネイティブ講師へのこだわりがない場合は,他の選択肢がない
Camblyは割高と言えます.

3 講師都合のキャンセルの場合,予約を取り直さないといけない

他のオンライン英会話では,講師都合のキャンセルの場合,
レッスンチケットをもらえたりするのですが,
Camblyではそのようなシステムはありません.

もちろん,その分のレッスンは別の時間帯に取り直しできますが,
お詫びの意味でのレッスンチケットがもらえたり,
ということがありません.

なので,キャンセルがあった場合,
スケジュールを調整していた身としては,かなり残念に感じてしまいます.

4 講師の入室まで待ちの時間がある

これは,Cambly特有のシステムによるものですが,
Camblyでは開始時間が決まっていません.

例えば,
6月7日 20:00~ 30分
の予約があったとしても,
20:00にレッスンが自動で開始するわけでもなく,
生徒と講師が双方,レッスンサイトにアクセスしたタイミング
レッスン開始となります.

なので,お互いが早くに準備が整えば,
20:00より早くレッスンが開始することもありますし,
講師のアクセスが20:05だとしたら,レッスン時間は
20:05~20:35となります.

この講師がアクセスするまでの待ち時間が,私は好きではありません.

というのも,待っている間に,ヒマだからと他のサイトに移動すると,
アクセスが切れてしまうので,
じーっとその画面のまま,待つしかないのです.

一度は,ずっと待っていたのに,結局キャンセルになってしまったこともありました.

5 サンフランシスコ発なので,システムの日本語がおかしいところがある

Camblyは,サンフランシスコ発のオンライン英会話です.

なので,システムのもともとの言語は英語です(たぶんですが).

日本では,すべて日本語に訳された画面になっているので,
不便を感じることはありません.

ですが,翻訳が時々わかりにくいことがあり,
慣れるまではなんのことかわからない,という箇所もありました.

ネガティブポイント,というほどではありませんが,
付記しておきます.

まとめ

長くなりましたが,以上がオンライン英会話のCamblyの
まとめとなります.

いずれのオンライン英会話でもいえることですが,長所も短所もあります.

私個人的には,ネイティブ講師を希望されているなら,
Camblyはおススメです.

最終的には,ご自身で体験レッスンをされて,
自分に合うところを見つけられるのがいいと思います.

オンライン英会話では入会金が設定されていないことがほとんどなので,
体験レッスンを受けてみた後,1ヶ月とかの短期で始めてみるのがいいのではないでしょうか?

継続は力なり.

別記事で,DMM編もまとめています.そちらもぜひご参考ください.

(ぐ~まま)

Twitterでフォローしよう