【理系就職】インターンシップの優先順位をつける

こんばんは.とんとんです.

学部の3年生,修士1年生の学生の皆さんはもう,インターンシップエントリーしたでしょうか?

ここまでいくつかインターンシップについて書いてきましたが,肝心なことを忘れていました.それはあらかじめ優先順位をつけておくということです.

おそらく,インターンシップは複数の会社にエントリーしますよね.すると運よく複数の会社で合格して,日程がかぶって困ったことになるケースが出てきます.

そうならないためのちょっとした注意事項です.

優先順位をつけること

インターンシップのエントリーは何社しましたか?5社くらい?
そんなもんでしょうかね.

エントリーするときにお気づきかと思いますが,日程が重なることはよくあります.こればっかりはしょうがないので,あらかじめ,優先順位を決めたうえで,エントリーしてください.そのうえで,日程の重複が分かった時点で速やかに,参加しないインターンシップの会社に連絡して下さい.

でも,断りの連絡は結構ハードル高いですね.つい迷ってしまいますね.だからこそ,エントリーの時点で,優先順位をしっかりとつけておくのがよいのです.

ぎりぎりまで連絡を伸ばす人も多いようです.ひどい人になると,連絡なしで欠席するそうです.これはあなたの信用を失う行為です.

最終的にインターンシップを断った会社に就職する可能性もあると思います.どこで情報の共有が行われているかわからないです.就職活動以外でもつながるかもしれません.将来,その会社が取引先になるかもしれません.

まとめ

インターンシップに複数申し込む際,かならず優先順位をつけておいてください.そのうえで不参加を決めたら速やかに先方への連絡をするようにしましょう.

信頼は社会人として,必要なものです.因果応報とならないよう,真摯な対応を心掛けてください.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう