【理系就職】インターンシップと就職活動は何が違うのか?

こんばんは.とんとんです.

よく聞かれます!!インターンシップと就職活動は何が違う?

ほんとによく聞かれます.それの答えは,インターンシップってなに??というのと同じかと思います.

答えからいうと,インターンシップは就職活動の一環です.とても大事な就職活動であり,最初のステップです.

数年前までは,インターンシップとは就業体験なので選考過程ではない,なんて,建前がまかり通ていました.でも今は,そんなことはありません.インターンシップは,就職活動の選考過程の最も大事なものと考えるべきだと,とんとんは思っています.

そんなことないよっていう声も聞こえてきそうですね.もちろんすべての会社がそういうわけではないでしょう.ただ,これからの就職活動においては,インターンシップの重要度はどんどん高くなっていくと思います.

そればかりか,そう遠くない将来,就職活動=インターンシップになる可能性もあります.現時点でも,内定者のうちの半数以上がインターンシップを経由した人という記事も出ているぐらいです.

インターンシップは「就業体験」だから,気軽に受けてみようという甘い考えは,即刻改めるべきです.そんな甘い考えの学生は,すぐに企業側にわかってしまうからです.そして,企業側からすれば,そんな学生を採用したいとは思わないのです.

これからインターンシップに参加する人は,就職試験を受けるつもりで準備をして,臨んでほしいと思います.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう