【理系就職】就職対策におススメの本『ハイレベル面接術』

こんばんは.とんとんです.

そろそろ,就職活動も本格化していますね.この時期,よく聞かれる質問があります.

「面接の対策をしたいのですが,良い本ないですか?」

今週だけで3回も聞かれました!はい.おススメの本,あります,ありますよ!!

でも,これから最終面接に臨もうとしている人には,少し遅いかもしれません.なぜなら,その本は,読んですぐに面接対策に役立つ,というものではなく,読んで,自分で実践してみて,初めて対策につながるものです.

でも,面接対策の本として,他の本とは違う切り口で書かれているので,面接に向けて悩んでいる人にぜひ読んでいただきたい一冊です.

『人気企業を目指す人のためのハイレベル面接術』

人気企業を目指す人のためのハイレベル面接術
―面接官の心の裏を知り尽くした心理学者が書いた!「100人中の1人」になる極意

著者:伊東 明

出版社 :ダイヤモンド社

装丁:単行本(ソフトカバー) 256ページ

発売日:2010/10/1

ISBN-10:447801454X

面接官の心を知ることで,ウラをかく

とんとんと,考え方があまりに同じで驚きました.と同時に,「ここまで書いてしまって大丈夫?」と思いました.

面接官の心のウラが心理学者によって暴露されているからです.

  • 落ちる人はすぐにわかる
  • 面接官も,「変なのを取ったら,大変!!」と緊張している
  • 面接官でも,「面接だけでわかるはずがない」と思っている
  • 減点はとりあえず少なくしておく
  • 取った理由をほかの人にも説明できるようにしておく

こんな感じで,面接官の心が分かれば,そのウラをかく対策がとれますね.

100人中の一人になるために

この本は,とくに,就職希望者が多い,いわゆる大企業を希望している人におススメしたいと思っています.

なぜなら,その他大勢から抜け出すために,何をどう伝えればよいのかが書かれているからです.

面接を不安に思っている人に,ぜひおススメしたい1冊です.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう