【子ども向けイヤホン】おススメは,インナーイヤー+有線+延長コード

こんにちは.とんとんです.

自称寝ホン通のとんとんは,イヤホンを調べまくっているので,イヤホンにはちょっと自信があります.そんなイヤホン通のとんとんが,子ども向けのイヤホンを考えてみました.

子ども向けイヤホンのポイントは,以下の3点.

  • インナーイヤー型
  • 有線
  • 延長コード

どういうことか,詳しく説明するとともに,おススメのイヤホンもご紹介していきます.

子どもには,インナーイヤー型イヤホンがおススメ

ここ最近,急激に子どもたちがイヤホン使う機会が増えましたね.大きな要因は,やはりコロナでしょう.オンライン授業が学校や塾で行われるようになりました.また,オンライン英会話も人気です.

自宅でオンライン授業を受けたり,オンライン英会話をする場合は,やはり周りに音漏れせず,また周りの音も気にならないイヤホンは必需品.

かくいう,うちの子どもたちもイヤホン使っています.塾のオンライン授業とオンライン英会話に使うと言われれば,親としては用意しないわけにはいかない..でもでも,周りに音が漏れないことをいいことに,絶対youtubeをこっそり見てるはず...とは思っていますが.

さて,最近のイヤホンはカナル型が主流です.といいますか,カナル型しかほとんどないです.某電気店に行くと,一種類以外は全てカナル型でした.カナル型のイヤホンは耳にピッタリはまり,落ちにくく便利です.耳にピッタリなので,外からの音も聴こえにくくなり,ノイズキャンセリングの役割もあるかな.

でも,とんとんはカナル型のイヤホンは使いません.というのも,カナル型のイヤホンはロックなんかの強い音を楽しめるのですが,ピアノなんかの抜けるような高い音はしっくり来ません.おまけに,カナル型のイヤホンを長く使うと耳が痛くなります.なので,とんとん家ではカナル型は絶滅危惧種です.

うちの子どもも「耳の奥の方が痛くなる」と言っています.塾のオンライン授業になると1時間以上の長丁場がほとんど.せっかくの授業を「耳,痛いな~」なんて思いながら聞いていたのでは集中力もなくなります.不快に思いながらの授業では身が入らないと思いますので,すこしでも不快感をなくすために,インナーイヤー型をおススメしています..

しかも,子どものうちは耳がよく,高音まで聴こえてるはずです.なので,なおさら音抜けの良いインナーイヤー型が良いととんとんは考えています.

子どもには,有線のイヤホンがおススメ

コードのないワイヤレスのイヤホンは快適で便利ですが,子ども用には有線が良いと思います.

その理由は,設定の手間,行方不明の危険性,大きさの3点です.

まず,耳にはめるだけでいい有線のイヤホンと違い,ワイヤレスのイヤホンは設定が必要です.それほど高度ではないとはいえ,設定にはある程度の知識が必要で,手間もかかります.

また,ワイヤレスの利点はそのまま短所にもなります.つまり,コードがないがゆえに行方不明になりやすいということです.

また,ワイヤレスイヤホンは有線のイヤホンにくらべて大きいというのも,耳が小さい子どもには不向きな点です.耳に入りきらずに落ちやすくなったり,場合によっては入らないということもあります.

以上のような理由で,子どもには有線のインナーイヤー型のイヤホンをおススメします.

延長コードがあると便利

とはいえ,有線のイヤホンの最大の欠点はコードがジャマで,よく引っ掛けること.我が家のイヤホンもそれで,何度もちょん切れました.

そこで,ちょん切れるのを予防するため(緩和するため)に,とんとんは延長コードを使っています.

延長コードを間に入れるだけで,引っ掛けたときに先にジャックが抜けて,切れずに助かった,なんてことが何度かありました.正直言うと,引っ掛けた勢いが強すぎてちょん切れてしまったこともありますが,確実にちょん切れる頻度は緩和されています.

延長コードはおススメです.

子どもにおススメのイヤホン

では,ここから用途別に,イヤホン通のとんとんがおススメする子ども向けのイヤホンをご紹介していきます.

マイク付きの有線のインナーイヤー型イヤホン

オンライン英会話をする場合は,やはりマイク付きがいいですね.マイクがないと,こちらの音声が相手に聞こえづらくなったり,こちらの周囲の雑音が相手に騒がしく聞こえてしまうこともあるからです.PCやタブレットのマイクだと,広範囲に音を拾ってしまいますからね.

オンライン授業であれば,発言しないときはこちらの音声をミュートにしていればそれほど雑音も気にならないので,マイクが必須とまではいかないでしょう.もちろん,セミナーを聴講するだけの場合や音楽,語学学習がメインであれば,マイクは不要ですね.

まずは,ソニー製の少し高価なイヤホンから,,,

ソニー製のオープンイアー型イヤホンです.これはインナーイヤー型とは呼ばないようですが,カナル型でないです.少し高価ですが,良い音が聞けてマイク付きのイヤホンはこれが一番ですね.リモコンも付いており,簡単に音量などを変更でき便利です.防水機能もついているので,子ども向けには最適でしょう.ネックは,ただ,お値段です.

もう少しリーズナブルといいますと,ノキア製のイヤホンがいいかな.

 

百年以上続く老舗音響ブランドのノキア製インナーイヤー型のイヤホンですね.マイクだけでなく,リモコンもついており便利です.価格もずいぶんリーズナブルです.インナーイヤー型のイヤホンはどんどん無くなっていく絶滅危惧種なので,気に入ったら予備を買って置くのもいいかもしれないですね.

マイクなし有線のインナーイヤー型イヤホン

マイク不要という人に向けて,マイクなしイヤホンにいきますね.セミナー聴講や音楽,語学学習がメインという人が対象ですね.

子どもの頃からいい音を聴かせたいと,思うのは親バカでしょうか?とんとんは出来るだけ,いい音を知ってほしいと思っているので,良いものを選び抜いて,家に置いてます.

まずは,とんとん大好きゼンハイザーです.ものすごく高い様に予想されると思いますが,思っているよりはリーズナブルです.(ぐ~ままにはナイショですが,とんとんはけっこうな数持ってます.)好みが合えば,インナーイヤー型が絶滅する前に,早めに買い集めるのもいいですよ.

少し価格は上がりますが,国内メーカーのオーディオテクニカも良いです.低音を意識した仕様なので,好みは分かれるかもしれませんね.また,もともと延長ケーブルがついているのも良いですね.さすが,オーディオテクニカですね,断線を少しでも減らそうと考えておられるのかな?

もうすこし贅沢できるのであれば(いや,かなり贅沢できるのであれば),こちらの限定版オーディオテクニカも良いです.透明感あふれる音は,一度聞くとなんとかして買いたくなります.高級感あふれるケース付きで,イヤホンごとにシリアルナンバーが付いています.名実ともに限定品です.

高級イヤホンによくあるように,イヤホンヘッドとケーブルが分離しますので,断線の恐怖も少し減りますね.延長ケーブルは付いてないようなので,別に購入されるのをおすすめします.

おススメ付属品

さて,子ども向けにおススメのイヤホンを5つご紹介しました.この中で,オーディオテクニカ製以外のイヤホンの場合,断線の恐れを軽減するためも,延長コードは強くおススメしたいと思います.

値段も1000円前後です.イヤホン本体の断線防止のためにも,ぜひ,ご検討ください.

また,カナル型に比べ抜け落ちやすいインナーイヤー型のイヤホンを快適に使用するために,イヤーパッドの使用もおススメです.

まとめ

子ども用のイヤホンて結構,適当に選んでいる人が多いみたいで,イヤホン通のとんとんは正直びっくりしました.

というのも,イヤホンは長時間使用することが多いので,音質や快適性がかなり重要視されるべきだと思っているからです.成長期の大事な耳にはちゃんと気を使ってあげたいものです.

とくにとんとんはカナル型ではなく,インナーイヤー型を強くおすすめします.インナーイヤー型はどんどん絶滅しているので,とんとんは買い集めております.安めのイヤホンで試して,高級品にするのが良いかと思います.

入学祝いなんかにはいかがでしょうか?イヤホンは,消耗品とまではいかずとも,一つあればいい,というのものでもありません.複数あっても困るものではないですし,なかなか自分では買えないようなイヤホンは思い出に残ると思いますよ.あまりに気に入ったので同じものを買いに行って値段が高くてびっくりしたという話も聞きます.

使ってみないとわからないので,食わず嫌いならぬ,聞かず嫌いにならないようにイヤホンを選べればと思います.

なお,とんとんは寝ホン大好きで,寝ホンを調べまくっています.寝ホンは基本小さいほうが気にならないことが多く,その点,子どもにも向いているとも言えます.よかったら下記の記事も参考にしてみてください.

(とんとん)

Twitterでフォローしよう